エーラウのブログ

60歳からの素敵な生き方を模索中

素晴らしい人生の先輩達

******

Iさん

先日、大切な人の癌が分かりとても凹んでいるが、当の本人は年齢の順番だし、

ここまで生きてきたら、後はのんびりと生きていこうかね〜。なんて呑気に

語ってくださった。でも、本心はうかがい知れないです。

若い頃から苦労をされた話をいつも聞かされ、いつもそれを教訓にさせて

いただいています。

「強く生きること!誰も恨まないようにね!なかなか難しいけど、それでも

そう言う気持ちでいようって思うことが大切だと思うのよ。

でも、この病気になって、やはりあれは無いな〜って昔のことを思い出しちゃう

こともあるの。

でも、その人の性格は変わらなくて、また同じようなことを繰り返してるみたい。

残念な人だけど、仕方ないわね。」

フムフム・・・・・

******

Tさん

お会いしたことは数回だけど、好奇心旺盛で、ボランティア精神にも富み、

生き生きと人生を謳歌している一回り上の女性がいる。

最近は特に彼女の行動を聞くたびに触発される。

昔、離婚されてその後大学の教授や秘書実務の講師をされていた方だが、

その行動力と慈愛の精神には驚かされる。

「この歳になったら、社会に還元したいの。それも楽しくね!

お金を残したってしょうがないしね。有意義に使わなくちゃね。」

ただし、、、なんでも自分で決めて実行できるのは一人身の強さである。

後、有意義に使う資本がいるよね〜。(^^;)

 

何をするにも一応家族の了解というか、了承というか、相談というか・・・

このひと山がなかなか面倒だ。

厳しい配偶者のいる方は尚更である。少しはマシだとは思うが、それでも

「マシ」の域は超えられない。

 

******

Yくん

二つ上の従兄弟。大病を患い大変な手術をして生還した。

その後、本の点字翻訳をボランティアで始めた。もうかれこれ10年以上続いている。

小さい頃は、一緒によく遊んだ。でも、すっかり人間的に追い越された。

穏やかで優しい人だったが、さらに素晴らしい人になっている。

本人に言うと照れるので言わないけど、尊敬してます。

******

 

まだまだ素敵な人が周りにいっぱいいる。フラの仲間にも素晴らしい先輩がいて

幸せだな〜とシミジミ思う。

「人間として素敵な人」って、その生き方や考え方、行動が大切なんだな〜って

思います。

まだまだ社会奉仕をする気持ちにはならないけど、(いつなるんだ?)

興味のあることに突入しようと思う。

******