エーラウのブログ

シンプル&クリーン&ビューティフルな生活を求めて

炎天下 歩く

ランチタイムに近くの「天ぷら屋」に歩いて行った。10分。

ガ〜〜〜ン お休み!!!

もう歩く元気ない。夫は次の目的地に向かう。「ガスト」。

歩く。また10分。

ヘロヘロでやっと着いた。水をガブガブ。

隣の中学三年生がうるさいうるさい!!8人ぐらい固まって

大きな声で延々と喋る。

「コロナだよ!!静かにしてくださいよ!!」

と、叱る・・・心の中で。

小心者なのでじっと我慢。孫たちも中学生になったらああなるのかなぁ。

おばさん軍団なら分かる。女子高生なら分かる。

でもでも・・・男子学生も今やおばちゃん並みにお喋りなのね。

 

そして、私の前には一言も喋らず黙々と食べて終わるとすぐに

出ようとする男子がいる。これはこれでどうなのよ?

支払い???それは私。

********

 

話変わり、昨日洋裁学校に1年通ったとかいたが、洋裁学校と言っても

みんなの創造とは100%違うと思う。元、洋裁学校でその時は

洋裁教室といった方がいいだろう。今も先生がご存命なら100歳は超えている。

忍者で有名な伊賀上野の教室に通った。明治村にでもありそうな古い

田舎の建物で、茅葺の上に銀色のトタンが貼ってある。

こんな感じ。建具はもちろん木製でトイレはポットン式。

f:id:elau:20200818134616p:plain

そこにこんな感じのミシンが5台と一畳サイズの裁断机が3台。

一瞬、太平洋戦争前にタイムトリップしたのかとみまがう雰囲気だった。

f:id:elau:20200818134841j:plain

その時の生徒は、私と知的障害のある女の子の二人。

彼女は行く途中にお家があったので一緒に通った。とても可愛い子で、一緒に

ランチしたりお話ししたりした。

いかつい感じの女先生は当時70は過ぎていたと思うが頑固なプライドの高い

独身女史だった。電気屋のお兄ちゃんが

「おばさん、メーターどこ?」と言われると

「失礼な。おばさんじゃない!先生よ!!」という具合いだ。

なんか、型紙の取り方も古い気がした。。(ごめんなさい)

出来上がった服はいつもピッチピチ。私の苦手なタイプの服だ。

先生も、彼女も元気かなぁ?

 

今では懐かしい思い出である。

********