エーラウのブログ

シンプル&クリーン&ビューティフルな生活を求めて

キリストの映画 サンオフゴッド

プライムで久々にキリストの映画を見た。

若い頃「ジーザスクライストスーパースター」というミュージカル映画

みた記憶がある。

ひさびさにみて、すごくキリスト教に違和感を感じた。

キリストの言ってることが全然理解できない。

若い頃は西洋のキリスト教のうわべだけ見て憧れたりしたけど

その歴史や教義を知るにつれて、私には合わないと感じるようになった。

大学もカソリックで、当時教師であった神父様に結婚式をあげてもらったりしたけど

本当の意味でキリスト教を理解していなかった。

今思えば、純白のウエディングドレスや荘厳な教会に憧れていただけだった。

 

キリスト教の神様は人間にすっごく厳格で厳しい。信じるものは救われるといいながら、

なかなかの仕打ちをしてくれる。それも何世紀にもわたって。

「私を信じなさい」という言葉が全てであり、始まりである。

慈悲深いとはとても思えない。また、カトリックプロテスタントの壮絶な戦いや

教会関係者の恐ろしい強欲な世界にはついていけない。

キリスト教史は2千年にわたる血と惨劇の闘争史という人もいる。

そして・・・結構男尊女卑なのだ。

近代になって、キリスト教世界の女史も浮かばれてきたと思う。

あ!!!森元首相も、なかなかの男尊女卑思想だったね。

「今の世の中の高齢者男性はみんな森さんと同じ様な考えだけど、口に出さないだけだ」

と夫がのたまう。開いた口が塞がらず何も言い返したくない。

平等で公正な世界は次世代に頼もう!!

 

イスラム教もひどい男尊女卑だけど、それでも母親は別格の扱いだ。

 

世の中の宗教は本当に怖い。

アミニズムは古代の自然崇拝で、地母神崇拝だから一番安心して信じられます。

もちろん多神教ですから男性神もいますから、男性と女性の両方を神として崇拝しています。

仏教も阿弥陀さんもいるし、お釈迦さんもいるし、観音様もいるし・・まだ安心かな。

 

平和で凪のような世界観は、アミニズムと仏教の中になる・・なんて最近思うので

あまり信心深くないけど、日本人でよかったと思う今日この頃です。

 

とは言っても、ベンハーとかスパルタカスなどの歴史映画は、娯楽として好きです。

マッチョな男の人は力がすごいな〜って見てます。重いものが持てていいな〜って。

******