エーラウのブログ

笑う門には福来る

どう見たってムスカリ

夫が植えたチューリップの球根。

一杯芽が出てきて、孫も

咲いた〜咲いた〜と歌っていた。

赤、白、黄色のチューリップが咲くよ!

楽しみだねー。と夫。


しかし、これ本当にチューリップ🌷か?

なんか、奥に植えたムスカリに似てない?


最初はチューリップと言い張っていた夫のトーンも落ちてきた。


これが、チューリップに変化するとは思えないのだが。

f:id:elau:20200329172754j:plain

壁に耳あり

今日、栄からのバスに乗り外の桜を眺めていたら、二人のアベック(超古い単語らしい)が私の後ろに座った。声がちょっと大きいので、耳の悪い私にも会話の内容が聞こえてきた。

バスが私も知っているあるウクレレ教室の前を通った時である。

A「やっているかどうかいつもわからない教室だよね〜」

B「今、ウクレレって流行ってるの?あまり聞かないよね。」

A「なんかあやしい雰囲気の教室だね。」

私の心の叫び(怪しくないよ〜。いい先生らしいですよ〜。)

B「ウクレレっておもちゃみたいな楽器だよね。どうせならギターの方がいいかな」

A「弦が4本しかないから簡単なんじゃない?

  公園とかでテキトーに弾いてるイメージだよね。」

私の心の叫び(そんな事ないよ。難しいよ〜。)

 

という会話がしばらく続き、しばらく心の中で会話に参加していました。

偶然というか、今日はウクレレを預けてきたので、まさか私がウクレレを習っているとは知らない二人が自由に会話していました。

世間のウクレレのイメージってそんな感じなのかな〜って勉強になりました。

気をつけよう。壁に耳あり障子に目あり。

*******************

桜咲く前に雨が続く

昨日は晴天だったけど、当分この小雨が続きそうです。

東京はコロナで通常の生活が困難な今週末になりそうです。

なんとなくですが、初夏を迎え、暑くなる頃には少し収束するのではと期待しています。

昨日は、久しぶりに高校の時の友人と会いました。

カメラマンのその方は、あまり仕事量は減ってないそうです。

コロナの影響もあり私は暇です。というより、仕事量はここのところ激減しているので久々に長期に渡りのんびりしています。もしかしたらずっとこの先もこのままかな。

だとしたら、コロナが終わったら新しいことを考えよっと。

 

新しい朝が来た!希望の朝だ!!

みなさん今日も元気よくラジオ体操を始めましょう!

 

とうフレーズが頭に浮かびました。

50歳代までならわかるかな?

 

昨年の今頃は、10周年のパーティーの準備で大あらわでした。昨年開催できたことに安堵しています。こんな状況の今年でしたら、全てが中止ですものね。
運が良かったとしか言いようがありません。

子供の頃から、何かいつも運に助けられているような気がします。母親にも事あるごとに「あなたは運に恵まれている」と言われていました。きっと守護神に強いご先祖さまが付いていてくださるのかな〜と思ったりします。

ありがとう、ご先祖さま。
まんまんちゃん。

 

*****************

お葬式

今日はお葬式でした。夫より3つ上の男性です。まだまだ平均寿命には遠い年齢ですが、ずっと肺炎を患っていらっしゃいましたので少し早い旅立ちになってしまったのかと思います。
とても温厚で優しい方で、家族はもちろんみなさんから慕われていたことが偲ばれました。

お坊さまは真宗大谷派の方でした。故人のことを偲ぶお話は、心に響きました。

「皆様と共に笑い、楽しく過ごした日々は皆様の心の中にいつまでも残りますが、人はいつかお別れの日がきます。故人が阿弥陀さまに導かれて浄土に行けますように、皆様お別れをしてください。」

そうですよね。いつかは誰でも死にます。時間は永遠ではありません。一瞬一瞬のこの世での人との関係を大切にしていきたいと思います。

***********

3連休です

連休です。
レッスン以外どこにも出ず、家におこもりしてます。
レッスンもコロナの影響でいつもより少ない人数です。
スタジオもこの影響下で各種除菌スプレーが置かれています。

早く収束して、持病のある仲間やコロナで家で待機している仲間にも
安心して戻ってきてほしいです。

孫たちもストレスが溜まるので、人の少ない公園や広場で遊んでいます。

すぐには元の状態に戻るとも思えないので、注意しながら生活をしてくしかないですよね。

先日のレッスンにはケイキママの一人がみんなに可愛いマスクを作ってきてくれました。
すごく可愛くて、私も欲しかったのですが、どう見ても私の顔には小さいので
諦めました。(^0^;)

私も今はネットで買った布マスクを愛用してますが、足元を見られた価格です。

家と、スーパーと、スタジオだけが外出の機会です。

レッスンも政府からの戒厳令がひかれたら出れなくなります。
どうかそんな日が来ませんように。身体が鈍ってしまいます。

4月のメリーモナーク(ハワイ島で開かれるフラの大会)も中止になりました。
とうとうハワイでも規制が強くなり、ハワイ旅行も当分自粛ですね。

となると、6月のラナキラ公演も怪しい雰囲気です。日本に来る観光客も激減で
当分の間、自粛のようです。

ハワイの観光施設、レストラン、店舗も臨時休業に入ってるみたいです。

ヨーロッパでは、日本より死者も多くて、一体どうなっているんでしょう。
日本の感染数も公表より10倍は多いと噂されています。

衛生観念の少ない私も流石に手洗いだけでも、1日に10回はしています。
手がガサガサになりそうです。

ハワイの友人から、ガソリンスタンドの給油取っ手から感染するから注意してね!
って警告が来ました。確かに。。。不特定多数だし、つかむ前に除菌する人いないですもんね。みんなも注意してね。

 

**************************

 

 

 

諦めない夫

私はなんでもすぐ諦めるけど、夫は諦めない性格で我慢強い。
(だから結婚生活が続いた・・・らしい)

で、一昨年素晴らしい胡蝶蘭をいただき、当然花は散りました。花瓶ごと破棄するつもりでいましたが、夫は根気よく世話をしてました。

なんと、今朝突然 花開きました。素晴らしい!!!
ただし、めちゃ小さいサイズです。ちょっと夫を見直した春分の日の朝。

f:id:elau:20200320100543j:plain

***************

話変わって

コロナウィルス のせいで、家にいる時間が長く、いろいろな本を読む時間がたっぷりあります。

つくづく自分は「幸運な人生」だと感謝する機会を本は教えてくれます。今日この日まで、家族にも、仕事にも、仲間にも恵まれありがたいな〜って思います。もちろん、辛いことやひどい目にもあいますが、それを克服できる環境にも恵まれています。

そして、その辛い経験や自分のしでかした阿呆な経験も、時間が経つにつれて、いつか「苦い笑い話」や「おもしろ失敗談」になります。

昨年末からの七転八倒も、今このコロナウィルス と重なって、新しい方向に舵を切るいい機会を与えてくれたと思うようになりました。

場所(スタジオ)を探してくれた仲間。ずっと励ましてくれた仲間や家族、関係者の方々。思いがけない方からの応援。真実を運んで来てくれたたくさんの風。多くの仲間や幸運に囲まれて今日まで来たことに改めて感謝します。

「人生は航海のようなものだ」とよく言われます。

『人生の航海でその行く末を決めるのは、なぎでもなければ、嵐でもない、心の持ち方である。』という名言もあります。(アメリカの詩人 エラ・ウイラーより)

春の訪れとともに、新しい門出です。気持ち新たに

「Shareする心、Cleanな精神、Heartwarmingな笑顔」で行きます!
(分かち合う心、汚れのない精神、心温まる笑顔)

Welcome aboard !    by Aloha O Elau

ただただコロナウィルスの収束だけを今は心から願っています。

***************

罪と救い

今朝、郵便受けにキリスト教の「教え」の印刷物が入っていた。たまに入ってるよね。
いろいろな団体からの「教え」が。

私の大学はカトリックキリスト教に基づいた教育をしていたので、その時もキリスト教のことは少しかじっていたけど、その教えの深いところまでは勉強していなかった。教会の荘厳さとか、西洋式ウエディングのおしゃれな部分に憧れていた。西洋の歴史には興味があり、興味からその種の書籍や映画はよく見ていた。

今朝も、暇なのでポストに投函されたリーフレットをしっかり読んでみた。
キリスト教」は神との契約を守ることで天国に受け入れられて「永遠の命」を神から与えられる、という教えです。(ざっくりと)
なので、唯一神の神を信じることが大前提です。「神を信じれば救われる」
大学の時も「契約の宗教」ということを学びました。

 

仏教は智恵の宗教と言われています。「物事を正しく知る」ことで救われる。
これを「悟り」と言うようです。
私は、仏教の教えである「自分が苦しんでいる原因について「理解」し、最後にはその辛さを鎮めるための方法を「理解」して穏やかな心を手に入れる」という教えの方が心にしっくりきます。

 

歴史を知ると、どんな宗教でも悲惨な現実は解決しないように思います。
しかし、厳しく辛い現実から救われたいと願う時に宗教は心の支えになると思います。
特に戦争の絶えない時代や、飢饉や災害がひどい場所では必要不可欠かもしれません。

 

教会へ行く若者が減り、お寺に寄進する人が減っているこの時代は、昔よりもマシになっているのでしょうね。きっと。

****************************