エーラウのブログ

シンプル&クリーン&ビューティフルな生活を求めて

年齢以上の疲労感

おかしい・・・

この年齢なら、フラの先輩方は以前私と同じ年齢の時は、

ハツラツとしていた。

なのに、私は結構疲れている。

ワクチンの後、腕の痛みもあったが、結構身体がだるかった。

土日も、孫たちだけで初めて泊まっていったせいで

これも結構疲れた。

おまけに読んでいる本がいけないのか・・・

内容を忘れてしまってもう一度、島崎藤村の「破戒」を

読みだした。

この本の内容は「破壊」でなく「破戒」つまり父の戒めを

破ってしまう事である。

(父から決して人にはいうなと言われた穢多出身

であることをばらしてしまう)

実に重苦しい内容で、主人公の気持ちに入り込んでしまい

ドキドキが止まらない。

こんな重い内容の本を選んでしまい、しまった!!

と思いつつ最後まで読んでしまうしかない。

最後はハッピーエンドだったっけ?

f:id:elau:20210614101132j:plain

*** 

私が学校で教えられた、士農工商の下に穢多・非人が

置かれたという説は違っているらしい。

今は「武士・百姓・職人・商人・穢多は社会を

構成する中心的な身分」という事で仕事の種類分け

らしい。身分制度ではなかったようだ。

***

でも、「橋のない川」「破戒」などを読むと日本での

被差別部落の酷い差別を知ることになる。そして

ごく最近までその差別が続いていたことも知る。

日本の歴史を知るためには避けては通れない事実だが

身体が弱っているときに読むと結構辛い。

***

この本の前には、「藤田嗣治の生涯」を読んだけど、

これは面白かった。彼の生涯を知るにつけ

壁にかかっている「猫」のエッチング版画が

愛おしくなる。

フジタが日本国籍を捨て、フランス人になった気持ちを

思うと、人一倍「日本人」に固執していた彼の

心の叫びを感じる。画家とは自分の作品をとにもかくにも

人々に愛されたいものなのだ。

私も彼の「猫」を一生大切にするね。

f:id:elau:20210614100944p:plain

***

次はもうちょっと気楽な本を読もう。

******